いったでしょ

2018/07/06

いったでしょ

大事な本を忘れるところでした。子供が自分で選んできた(単に持ってきたともいう)ものです。五味太郎さんといえば、私にとって最も印象深いのは「みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)」ですが、子供を持って最近になって見た絵本やテレビの絵は、なんだか少し違ってしまって、今まで、やや遠ざけぎみだったのですが。

これは単純な話。しかも、まだ字が読めない上の子でも、もう読めるかのように、書いてあるとおりにすらすら言えるストーリー。さすが! とうならされてしまいました。

それと、読み終わって親として気付かされるのが、子供が行く先にまわって、あれこれ注意したりすることが、(ある意味)いかに余計なことなのか、ということ。もう、外で一緒に歩いてて、「ほら、車にひかれるよ」などと口にできなくなりそうです。

ちなみに、上の子にはどうしても、登場キャラがキリンさんに見えるそうです。馬、だよねぇ。