今日は決算作業に一区切りがつき、

少し早めに家路へ。帰り着くと、

家族は晩ご飯を食べ終わって

これからお風呂というところでした。

 

3歳になる次女は、パパ(私)が

早く帰ってきてよほど嬉しかったようで、

パパが晩ご飯を食べようとすると

 膝の上に乗っかってきたり

 おもむろに抱きついてきたり。

 

ひとしきり遊んだおかげで

ご飯が少し冷めたのはご愛嬌です。

 

こうして遊んでくれるのも期間限定

いずれ親の元を離れていくと分かっているので、

自分の時間がほとんどなくても

今は構わないと思っています。

 

仕事を効率的にこなす方法はいくらでもあります。

それよりも、まず

「家族や子どもと一緒に過ごしたい!」

という気持ちを大事にしてください。

 

そうすれば、自ずと早く帰れるようになります。

 

もし早く帰れそうになければ、

働くフィールドを変えるのも一つの方法です。

 

仕事に没頭して経済的に成功したとしても、

自分や家族の心身が病んでしまったり

家族がバラバラになってしまっては本末転倒。

 

なんのために自分が働いているのか。

常に自分へ問いかけながら、

自分の働き方を選び取っていきたいものですね。

f:id:work-shift:20151117235652j:plain